佐藤和次

織部にこだわり、食の演出にこだわる。

織部の深い緑と白磁にこだわり、桃山時代の名陶を再現したいと語る佐藤氏。
使う立場に立ち、何を盛り付けても映える素朴で温かみのある器が、多くの料理人からも支持されている。
特に魯山人の影響を強く受けた蟹絵は佐藤氏の定番中の定番。
本来なら棚に並べて鑑賞したい作風であるが、楽しく使ってこそ佐藤氏の作品は雄弁に語りだす。

 

陶歴

1948年 岐阜県生まれ
県立多治見工業高校卒業後、林孝太郎氏に師事。
1978年 早蕨窯を開窯

0件の商品

現在、商品はございません。