村越琢磨

愛知県新城市生まれ
1980年 陶芸家 梅原武平氏に師事(京焼の指導を受ける)
1999年 清水にて独立開窯。信楽の山土にこだわり作陶を始める
2002年 長岡京市に居と窯を移す
2005年 東京銀座黒田陶苑で個展
2006年 東京銀座黒田陶苑で個展
2006年 第32回連展金賞受賞

 

焼きものとは「一に土・二に焼き・三に細工」

信楽の荒い山土と自然の灰だけを使い長時間高温で焼き締めています。焼きあがったものが完成ではなく永年使ううちにその人の暮らしや時間が染み込み、味わい深くなっていきます。飾っておくのではなく日々使っていくうちに成長して、使う人の体の一部のようになってはじめて完成します。

1件の商品