1. ホーム
  2. 雑貨
  3. 紋織フェイスタオル2P ブルー
  1. ホーム
  2. 引き出物
  3. 紋織フェイスタオル2P ブルー
  1. ホーム
  2. 結婚祝い
  3. 紋織フェイスタオル2P ブルー
  1. ホーム
  2. 内祝い
  3. 紋織フェイスタオル2P ブルー
  1. ホーム
  2. 出産祝い
  3. 紋織フェイスタオル2P ブルー
  1. ホーム
  2. ~3,000円
  3. 紋織フェイスタオル2P ブルー
敬老のお祝い、父の日、母の日、誕生日ギフト 出産内祝い 引き出物 引出物 結婚内祝い ブライダル お返し ご挨拶 満中陰志 粗品 景品 敬老紋織フェイスタオル2P ブルー
敬老のお祝い、父の日、母の日、誕生日ギフト 出産内祝い 引き出物 引出物 結婚内祝い ブライダル お返し ご挨拶 満中陰志 粗品 景品 敬老紋織フェイスタオル2P ブルー
敬老のお祝い、父の日、母の日、誕生日ギフト 出産内祝い 引き出物 引出物 結婚内祝い ブライダル お返し ご挨拶 満中陰志 粗品 景品 敬老紋織フェイスタオル2P ブルー
敬老のお祝い、父の日、母の日、誕生日ギフト 出産内祝い 引き出物 引出物 結婚内祝い ブライダル お返し ご挨拶 満中陰志 粗品 景品 敬老紋織フェイスタオル2P ブルー
敬老のお祝い、父の日、母の日、誕生日ギフト 出産内祝い 引き出物 引出物 結婚内祝い ブライダル お返し ご挨拶 満中陰志 粗品 景品 敬老紋織フェイスタオル2P ブルー
敬老のお祝い、父の日、母の日、誕生日ギフト 出産内祝い 引き出物 引出物 結婚内祝い ブライダル お返し ご挨拶 満中陰志 粗品 景品 敬老紋織フェイスタオル2P ブルー
商品番号 207445
  • ノベルティ対象

世界に誇る今治謹製/今治謹製 今治タオル 日本製 箱付 プレゼント ギフト 贈り物 紋織フェイスタオル2P ブルー

価格 ¥ 2,200 税込
[ 20 ポイント ]
  

世界に誇れる『今治謹製 紋織タオル』の心地よさを、是非感じてみてください。
ジャガード織りで紋様を表現した織物をジャガード織物、あるいは紋織物といい、ジャガード織りで織り上げたこのタオルシリーズの名前を「紋織タオル」と名付けました。

「今治謹製 紋織タオル」は木目も美しい木箱入りタオルです。

箱を手に取った瞬間の木の温もりは感謝の気持ちをお伝えするタオルギフトに花を添えます。

こちらは紋織フェイスタオルのベージュとブルーがそれぞれ1枚ずつ入ったセットです。
上品な色合いが美しい今治謹製 紋織タオルは、どなたにもお使いいただけ、喜ばれる上質な日用品です。

結婚の引出物・内祝い、出産の内祝いの贈り物は勿論、季節のご挨拶としてお中元・お歳暮など様々な用途でお贈りいただけるタオルギフトです。

<セット内容>
・フェイスタオル×2
・木箱×1

横幅33.5cm × 縦75cm

産地:日本(今治)
材質:綿100%

※サイズは全ておよその大きさになります。
※一つ一つの形状や大きさ・色合いに多少のズレが生じます。参考程度にご参照ください。

必ず洗濯してから使い始めてください。
また、ギフトでいただいた箱詰めタオルをしばらく使わない場合、そのまま保存するのではなく、一度洗ってから保管してください。
長期間放置されると、織り目の部分の生地が弱くなったり、色あせの状態が中面と表面で異なったりする場合があります。

中性洗剤をご使用いただきますと良い風合いを保てます。
柔軟剤・漂白剤・蛍光剤などは吸水性低下、毛羽落ち、変色、色むらの原因になりますのでご注意下さい。

洗濯が終わったタオルは干す前に、パタパタとタオルを振ることで洗濯でつぶれたパイルを元に戻すことができ、ふわふわな感触が長持ちします。

尚、モニターの環境により、実際の色と異なる場合があります。あらかじめご了承ください。

今治謹製 紋織


【経験値から導き出され厳選された糸】

一般的なタオルは、シタ糸、ヨコ糸、パイル糸で構成され織り上げられます。
世界的には、一部の高級品を除きシタ糸、ヨコ糸、パイル糸すべてに同じ糸(20番手前後の太さで、撚係数3.6前後の一般市販糸)を使用してつくられたタオルが多いですが、紋織タオルは職人が培ってきた長年の経験から導き出した厳選された糸をそれぞれに使用しています。

【風合いとデザインを兼ね備えた風合い豊かな糸】

タオルの紋様の白地部分には糸の撚りが無い無撚糸も使用しておりタオルのやわらかい風合いとともに、繊細な柄を表現しました。
用途目的を踏まえ、糸を使い分ける技術ノウハウを活用し、タオル、タオルケットなどそれぞれの生地をつくりわけております。

【今治だからこそ引き出されるタオルの本質】

愛媛県北部に位置する高縄山系を源流とする蒼社川の伏流水や、石鎚山系の地下水は極めて重金属が少なく硬度成分も低いため、タオル生産過程において、晒しや染めなどに非常に適した良質の水であると言えます。
こうした水質の水は、綿糸や生地の白度や発色、やわらかさと大きく関係します。
こうした良質な水で糸を晒し染めすることにより、生地にしてからの染晒しでは出せない、綿糸が本来持っている特質(柔らかさなど)を引き出した良質なタオルをつくることが出来ます。

【水質の違いと工程の違いが技を際立てます】

世界的には、一部高級品を除き、原糸がそのままシタ糸、ヨコ糸、パイルとして織機にセットされ、タオル生地として織り上げた後に、晒し(精練漂白)をし、染色・プリントして縫製仕上げするものが多いようです。
これに対し、紋織タオルは先ず糸を晒し(精練漂白)た後に染めて、タオル生地に織り上げ、糊を抜き、縫製仕上げをした、先晒し先染のタオルでそこに違いがあります。
今治で生産されたタオルと他のタオルとの違いは糸や生地を晒し、染める水の質が、決定的に違うということもあります。

【繊細な柄を織り上げる為に】

ジャガードとは、シタ糸とパイル糸を1本1本独立してコントロールし、針数と糸の密度の範囲内で複雑な柄や模様を出す装置です。
80年代後半頃までは、糸を1本1本上下させる信号を送る紙のカード(紋紙)の大きさや重さの制約があり、複雑な柄が表現できないドビータオルが一般的でした。
その後、コンピューターで作成した柄データの入ったフロッピーカードで動くジャガードカードのコントロール(ダイレクトジャガード)装置が普及し始めたのをきっかけとして、ジャガード機械の高速化が進み複雑な織柄を表現できるジャガードタオルの生産がさかんになりました。

【一枚一枚丁寧に仕上げる品質の証】

「今治謹製 紋織タオル」は愛媛県の今治でひとつひとつの工程に心を配り、糸からタオルへと仕上げられています。
タオルができる最終の縫製仕上げの工程はタオルにとって、長く使っていただく為と安心・安全のメッセージをお届けする大切な工程です。

【職人の手により一枚のタオルとなっていきます】

長年の経験を積んだ職人がタオルの左右のミミという部分を縫製した後、丁寧に一枚一枚はさみを使いタオルの大きさにカットします。
長くお使いいただきたいと願いを込めてミシンを進めます。

タオルの上下のヘムという部分も一枚一枚、職人の手によってミシン縫製されます。
タオルの下側のヘムには今治謹製のネームが職人の手により、リズムよく、音楽を奏でるように縫い込まれます。
このネームには今治の歴史と職人たちの技術をお詰めしたこのタオルをお使いいただける皆様へ、変わらない品質と安心・安全を約束する想いが込められています。

おすすめ商品

前へ
次へ

最新情報

注目商品